English

マスミ道場

金銀箔

山本和久
山本和久

千年前の源氏絵巻に用いられた歴史ある箔の伝統技法を学ぶ講座です。 基本の技法の解説・指導・実習を入門から応用まで学べます。 金銀箔の文化を、身近な生活に取り入れたり、 ご自身の書や日本画などの作品に箔をほどこせば、 作品が更に広がることでしょう。 もちろん、はじめての方もお気軽にどうぞ。丁寧にご指導いたします。 栞や葉書といった小さなものからはじめて 最終回には全ての技法の結集として、豪華な作品を作成します。

金銀箔体験教室
干支のはがきづくり
WEB用.jpg
日程
2018年12月8日(土)14:00~16:00(15:30一時終了)
定員
10名
参加費
3,500円(税抜)
材料費
1,000円(税抜)(はがき5枚)
(※額用マットは御入用の方のみ別売になります。)
講座内容
 金銀箔体験では、源氏絵巻などにも使われていた金銀箔砂子細工の技法を体験できます。
 今回の体験では手漉きの和紙のはがき(5枚)と額用のマット(1枚)に、金銀箔技法で、砂子をまいたり、金野毛を施し、美しい干支のはがきをお作り頂きます。2019年は「亥」の図案になります。
金銀箔の施し方次第で全く雰囲気の違う特別な作品に仕上がります。
マットは軽く、簡単に葉書を差し込む事ができますので、現代の空間に合わせて飾る事が出来ます。
初めての方でも簡単にできる体験ですので、ぜひご参加下さい。
(※額用マットはご入り用の方のみ別売になります。)    ご案内PDFはこちら>>>

 
 
山本和久

株式会社菊地襖紙工場 現役襖紙職人。
1965 宇都宮生まれ。
1989 東洋美術学校絵画研究科卒。
1994 藍画廊での個展開催以降、和紙をベースに大気をモチーフにした『atmosphere』シリーズで絵画を制作、発表。
個展多数。東洋美術学校ゼミ講師。パブリックコレクション:足利市立美術館。