縄文から伝わるヲシテ文字を書すのサムネイル

 

縄文時代に、すでに日本には文字はあったと伝えられています。
文字ひとつひとつに意味があり、五元素のはたらきを表します。ヲシテ文字を書いて縄文の息吹を感じてみませんか。草の筆などもいくつかご用意します。

ヲシテ文字は表音文字です。
ヲシテ文字の母音、子音のカタチを知り、その重ね合わせでできた48文字をまずは筆で書きます。

その後は、ご自分のお名前や、 「ハル」「サクラ」 など2文字から3文字の訓読みのことばを選んで書くのもよいですね。
草や、鳥の羽の筆や淡墨、濃墨を使いながら、ご自分のヲシテ文字作品をつくってみましょう。

下記の過去のワークショップの写真も併せてご覧くださいませ。

 

日時

2022年3月12日(土)14:00~15:30【中止】
2022年4月15日(金)14:00~16:00【募集締め切りました】

◆当日必ずマスクの着用をお願い致します。

 

場所

スペースI [ マスミ東京本社1階 ] 東京都豊島区巣鴨4-5-2

アクセスはこちら■

 

定員

10名
※開催人数に満たない場合は中止とさせて頂きます。

 

講習料

3,300円(税込)
◆講習料は、当日現金にてお支払いください。

 

予約

【TEL】03-3918-5401
【E-mail】info(at)masumi-j.com
※(at)を”@”に置き換えてください

  1. 上記連絡先にて、①お名前 ②ご連絡先お電話番号 ③講座名・日程 をお伝えください。
    ※Facebook・Instagramのコメント・メッセージ・イベント参加予定ボタンでのお申込みは混乱を招きますのでお控え下さい。
  2. キャンセルは原則として《1週間前までに》ご連絡をお願い致します。
  3. ※都合により、延期・中止になる場合がございます。その際にはご連絡させて頂きます。

 

持ち物

・汚れてもよい服装
・古新聞(作品をはさみ、持ち帰っていただくための紙)
・筆、墨、用紙、文鎮等は ご用意しますが、使い慣れた筆を持ってきて頂いても構いません。

 

 

講師

吉田美佐子

福岡県生まれ東京都在住
東京学芸大学書道科卒
日本、中国の書の古典を臨書、現代詩文で作品制作
身に纏う『墨のカタチ』墨染め作品制作
縄文時代の文字と伝えられるヲシテ文字の作品を作り 書を楽しむワークショップを行う
サンマリノ神社 玉崎神社 妙心寺如是院、琵琶湖賀茂神社等奉納
大瀧神社千三百年大祭記念展示(マスミ東京) 語り、大鼓、アーティストとLIVEコラボ 各地ギャラリーにて個展開催

CD及び商品ロゴ、題字制作

 

過去の様子